シルクプリントについて

オリジナルウェアなら「シルクプリント加工」
独特のアナログな風合いが人気です。

版を作成して加工するのでコスト高。
同一デザインなら低コスト。

オリジナルTシャツなどでおなじみの加工方法「シルクプリント加工」。
デザインの版を作って、インクを刷る加工方法で独特のアナログな風合いが人気です。
版を作るので、同一のデザイン部分にのみ使われるのですが、シート加工にはないアナログな感じが高級感を醸し出します。番号・ネームは「シート加工」でチームエンブレムやチーム名の部分だけシルクプリント加工と使い分けると他のチームにはないカッコイイオリジナルウェア・ユニフォームができます。

シルク職人が1枚ずつ、手刷り。

シルクプリントは1枚ずつ手作業で行います。
自動機もありますが、シルクはインクとウェアの状態を確かめながら手刷りで行うほうがキレイに仕上がります。
弊社ではお客様のウェア・ユニフォームの品質を考えて手作業で加工しています。

シルクプリント加工のメリットとデメリット

シルクプリント加工のメリット

  • ラバーインクを使用しているため、色落ちがせず、耐久性に優れています。
  • 版を作るので、品質が均一でスピーディ。
  • 2回目以降も同じ版を使うのでコストがかからず、短納期。

デメリット

  • 複数の同一デザインでないとできません。
  • 素材によっては、プリント不可。
  • ジャンバーなどは下地色が出る可能性あり。

シルクスクリーン印刷についての豆知識

シルクスクリーン印刷は、絹・ナイロン・テトロンなどの繊維、あるいはステンレススティールの針金などで織った布地(スクリーン)を枠に張り、四方を引っ張り緊張させて固定し、その上に手工芸、又は光工学的(写真的)方法で版膜(レジスト)を作って必要な画線以外の目を塞ぎ、枠内に印刷インクを入れ、スキージと呼ぶヘラ状のゴム板でスクリーンの内面を加圧し移動するとインクは版膜のない部分のスクリーンを透過して版の下に置かれた紙その他の被印刷物面に押し出されてプリントされるという仕組みです。

シルクスクリーン印刷についての豆知識